さて、今回はちょっと題名が難しくなってきましたけど、

今回は多重知能についてお話していきたいと思います。

 

前回は抽象的な思考についてお伝えしましたが、今回は知能について書いて行こうかなと

思います。

さと知能というと皆さん何を思いますでしょうか?

 

まあ、頭の良さ、頭の働き、

Wikipediaを見ると、

・論理的に考える、計画を立てる、問題解決する。合理的に考えるなどの知的活動と言われております。

知能というものは図ることが出来ると言われておりますが、複数の因子から成り立っているとも言われています。

 

言語をつかさどる知性、空間把握をつかさどる知性、記憶力をつかさどる知性、

要するに知能は種類があるということ

これはハーバード大学教授のハワード・ガードナーさんが発表した理論です。

 

「知能は単一ではない、複数ある」

と唱え、この方は多重知能(8つの知能)があると指摘しました。(リンク貼られてます。8つの知能をチェックすることもできますよ)

・言語・語学知能(言葉を使って目的を達成する能力)

・論理・数学的知能(分析、計算、論理的思考を使う能力)

・視覚・空間的知能(立体や映像をイメージする能力)

・音楽・リズム知能(音程、リズムを取れる能力(絶対音感とも関係あり?))

・身体・運動感覚知能(手先、体をイメージどうりに操作する能力)

・博物学的知能(動植物、自然の違いを理解する力)

・内省的知能(自分自身の状態、能力、趣味趣向について理解する力)

 

これらの知能はハワードさんが見つけた知能モデルなので、

他にも有名なものだと

WAIS・WISC

知能因子

 

などがあります。

いわゆる知能のパラメータですね。

RPGゲームの初期値にも似ている。

 

先日、記事でとりあげたハンターハンター念能力とも似てますね。

先程申しあげました。多重知能についてですが、

この能力はある程度生まれながら決まっているものらしく、努力でものすごく伸ばすことはとても難しいそうです。

決して努力を否定するわけではありません。

ただ、音楽・リズム知能が低いひとが努力してミュージシャンを目指すことが難しいと思われます。

どうしても超えられない壁というものはあるようです。

 

逆に自分の得意な知能を伸ばす努力をしていけば、自分の武器として役立てることができそうですね。

自分は内省的知能が1番高かったですね。

向いてる職業は宗教指導者、精神分析家など・・・

 

・どれもなるのが簡単な職業ではないぞ!!

 

皆さんも興味があったら是非やってみてください。

http://www.nichinoken.co.jp/np5/nnk/multiple_intelligences/mi/mi.html