今回は自己啓発についてお話していきたいと思います。

 

自己啓発ってどんなことを思い浮かべるでしょうか?

胡散臭い、なんだかフワフワしている、うんなもんで変わるわけねえだろ?

 

沢山あると思います。各言う僕も自己啓発オタクでした。

例えば、「誰とでもすぐに仲良くなれる会話術」「一角千金すぐにあなたに毎月100万入ってくる」

などの情報商材を購入しとにかく短期的な結果を求めてはほとんど何も得られないまま、終わることがとても多かったですね。

 

本当にお金の無駄!!

 

・・・・と分かっていても何故か使ってしまっておりました。

いや分かってはいるんだよ、けどね使ってしまうんだよね。

自己啓発、情報商材にですね。

私は俗にいうノウハウコレクターでした。

自己啓発本に関してはどれも抽象度を上げて考えれば、似たようなものになってしまいます。

なのに買ってしまう。

 

ちょっと情報商材についてお話していきたいと思います。

情報商材もまた商品としては、とても厄介なものになりますかね。

下記のサイトでは、ユーチューバー ヒカルさんが売っていた情報商材が炎上しているようです。

http://rocketnews24.com/2017/08/31/

 

このように情報商材には世間一般だと悪いイメージがついてることが多いですね。

というか情報商材に関しては、商品の中身がとても抽象的なんですね

例えば筋トレ商材、ダイエット商材、稼ぐ系の商材

全部方法論しか書かれておらず、やるのは全部あなた次第!!

 

スーパーで食品を買えばそれが「物」として手に入りますが、情報商材の場合は

ものとしては手に入らず、情報という抽象的なものとして手に入るわけです。

 

まあ、情報商材というのは教科書みたいなものですよね。

手に入れただけでは意味がない、自分がその情報をインプットし、試行錯誤し、アウトプット

していかなくてはなりません。

 

何も自分は情報商材を否定してるわけではなく、必要なものだと思っています。

現に情報を売る、インターネットビジネスでまっとうに稼いでいるかたは沢山いらっしゃいます。

具体例で言うと

 

・和佐大輔さん

17歳から11年連続で1億円を稼ぎ続ける男の秘密

 

13歳の時に首から海に飛び込んだら、首をテトラポッドにぶつけて、神経を損傷

その後車椅子生活を余儀なくされますが、17歳の時に出した情報商材「ネットビジネス大百科」を

売り出し、年収1億稼ぎだし、ネットビジネス世界の申し子とまで言われております。

現在もネットビジネスの前線で戦っております。

首から下が動かなくてもこれだけ稼いでいるので

天才マーケッター」と呼ばれております。

 

原田翔太さん

プロフィール

 

彼もまた起業家であり、若い時にミュージシャンを志しておりましたが、デビューしようと思っていた矢先

両親がインチキプロデューサーに騙されてしまい、300万近くの借金を背負うことになってしまいました。

しかし、そこからWEBサイトを構築して、WEBサイトの運営から、ビジネスをやろうとしている人たちの

プロディース、経営コンサルティング、セミナー講師、アフィリエイトなど数々の仕事をこなしていき、

ついには30代近くで念願のミュージシャンとしてデビューを果たした。

現在の肩書は「ビジネステロリスト」

 

この紹介した人たちは、1流の人達で、現在もネットビジネスで活躍しております。

この人達も情報教材をだしており、自己啓発的な教材もだしております。

私この人達の教材を買ったことはないので、なんともいえませんが、

これだけ凄い結果を長年に渡って残し、今も現在活躍されているのですから、

教材のクオリティーも高いでしょう。

しかし、情報というものを受け取る以上、その情報は自分で生かさなくてはなりません。

受け身である以上、どんなにクオリティーの高い教材を買っても意味がありません。

逆に活かすことが出来ればそれは価格以上のものとなって返ってくるでしょう。

 

ジャンルはなんでも構いません。

ダイエット、恋愛、筋トレ、金の稼ぎ方

 

情報商材というものは抽象的である以上、ボッタクリな値段のものもあったり、凄い安い値段のものもあり、

買う人自体がそれを買う価値があるのか、考えなくてはならないですね。

そして知識を得たらそれを実行しなくてはいけません。

自分が価値を感じるものに投資しなくてはなりません。

モノの価値って本当になんなんでしょうか?

 

なんだか哲学的になってしまいましたが、今回のまとめとしては

・情報商材を買うときは自分がこの先商材を使ってどう成長したいのか、長期的なビジョンを持つ、あと実行大事

・自己啓発はけっしてだめなものではない、けどどれも似たようなものなので、買うとしたら2,3冊程度に収めたほうが無難。

 

という風にまとめてみました、これは自分への戒めをこめております。

皆さんは自己啓発についてどのように考えておりますか?