皆さん、

という漫画をご存知ですか?

 

 

※画像にはリンクが貼られております。

 

週刊少年ジャンプで連載されていた少年漫画で、

「スラムダンク」「あひるの空」に代表されるバスケ漫画ですね。

美少年達が出て来るということもあって、言わいる腐女子達に人気の漫画です(笑)

まあ、必殺技なども出てくるので、子供達にも人気ですね。

今年は映画化もされてます。

 

何故ここまで人気なのかというと、もちろんストーリー、キャラ設定に魅力があるからではないでしょうか?

僕もこの漫画は大好きなので、紹介させていただきます。

キャラクターを紹介させていただきます。

 

 

・黒子テツヤ

 

この物語の主人公で、影の薄さが特徴の選手です。

少年スポーツマンガの主人公ですが、

なんとバスケが下手くそ

ドリブル、シュートも素人に毛が生えたようなもので、

ハッキリ言ってバスケの才能はない人物。

バスケが好きなのに活躍することが出来ず、

絶望しておりました。

しかし、影の薄さをプレイに活かせるのではないかと

ある人物の目にとまり、その才能は開花。

普通のプレイヤーとしてではなく、

パス回しで相手をサポートすることに特価した選手へ成長するのでした。

そして幻のシックスマンとして活躍します。

・得意技

ミスディレクション

影の薄さを活かした視線誘導を得意とし、

パス回しやスティールでチームをサポートします。

詳しくはこちら↓

とてもわかり易いですww

 

 

・火神大我

 

この物語のもう一人の主人公

帰国子女で、日本のバスケのレベルの低さに絶望していたところ

黒子テツヤと出会います。

最初は彼にバスケの才能がないと軽蔑した態度をとっていましたが、

彼の影の薄さを活かしたパスやミスディレクションの見た後、

才能を認め、共に相棒として活躍していきます。

 

・得意技

・メテオジャム(流星のダンク)

高い跳躍力を活かし、もの凄い高さまで飛び、左手でボールを

叩きつける豪快な技です。見た目が豪快な割には、利き手ではない

腕でボールを扱うので、実際はかなりの器用さが必要な技です。

 

このバスケ漫画に出てくる強敵達で、

5人存在し、それぞれ特殊能力のようなものを持っております。

このキャラクターたちをどう攻略していくかが、物語の鍵となります。

 

・黄瀬涼太

 

キセキの世代の1人、イケメン男子高校生

モデルでもあり、運動神経も抜群なので、少々お調子ものっぽいところがあります。

しかしバスケの才能は本物で、中学2年生からバスケを始めたのにもかかわらず

即レギュラー入り、他のキセキの世代と同等に渡り合っていくのでした。

また黄瀬涼太は各試合をとうして成長する描写もフォーカスされており、

彼がプレイする試合はとても熱いです!

 

・得意技

完全無欠の模範(パーフェクトコピー)

相手のシュートやドリブルなどの技を完璧にコピーします。

またキセキの世代では超人的な技(相手の未来を見る、自陣のゴールの下からでも落ちない3Pシュート、どんな体制からでの打てる変速シュート)も多いのでそれらも、

そのまま再現可能、能力吸収系の技になりますかね。

正し強力な技には制限時間が5分と短いです。

 

・緑間真太郎

 

キセキの世代の1人で、長距離シュートを得意とする選手です。

また占いにも興味があるようなので、毎日自分の星座を占い、

その日のラッキーアイテムを毎日所持しているようです。やかんやリモコンなど(変人?)

同じチームメイトの高尾和成とはとても仲がよく、彼と共に繰り出される必殺技はとても目に見張る

ものがあります。

メガネキャラで少々寡黙なキャラでもあり、真面目な印象が強いですかね。

その為勉学で成績も良く、学問も大事にしてるとか。

しかし、占いのラッキーアイテムを毎日持ち歩く、相棒高尾和成にキャンピングカーで

移動するよう命じるなど、かなり変人ぶりを見せております。

 

・得意技

長距離3Pシュート

フォームを崩されない限り、オールレンジ(コート全ての範囲)で打つことが可能で、

絶対に落ちることがありません。これだけでも恐ろしいものですが、放ったボールは、

滞空時間がとても長いので、ボールが宙に浮いてる最中に自軍のゴールに戻ることも可能です。

実際にいたらチート級www

 

・青峰大輝

 

キセキの世代エースであり、アンストッパブルスコアラー(ディフェンス不可能な点取り屋)と呼ばれた

天才バスケ選手です。

特徴は何と言っても日本人離れした俊敏性でとにかく速い!

またただ速いだけではなく、止まってる状態から、瞬時に最高速度まで上がる

加速力や最高速度から、瞬時に最低速度まで原則する減速力を持っています。

また幼い頃からストリートバスケをやっていた経験を活かし、オーソドックスな

プレイスタイルとは真逆なプレイを披露します。

どんな体制からでもシュートを放てたり、変幻自在な動きで相手を翻弄することを得意とし、

バスケ選手として究極の域にある人物になります。

 

しかし、そんな彼でも悩みを抱えており、中学時代にバスケの才能が大きく開花し、

周囲との差が開いてしまい、皆が自分のプレイを見てやる気を無くす姿を見て、

大好きだったバスケを惰性でやるようになってしまいました。

 

・得意技

型のないシュート(フォームレスシュート)

自身がどんだ体制でも打ててしまう。変則シュート

持って生まれた俊敏性とバネを活かし、仰向けになりながらシュートしたり、

ゴールポストの裏側からシュートを決めたりなど、もはやセオリーが通用しないレベル。

また、彼のプレイスタイルを総して「型にはまらない変幻自在のプレイスタイル

とも呼ばれております。

 

・紫原敦

 

身長2メートルを超える巨漢で、手足もものすごく長く、

反射神経にも優れるため、3Pラインから内側すべてを守備範囲としております。

つまり彼が近くにいるだけで、すぐにプレイは対応されてしまいます。

彼を象徴するのはなんといってもとてつもないパワーで、

3対1で押されてしまっても、全く動じず対応することが出来ます。

また、ダンクでゴールポストを根本からへし折ったこともあります。

 

彼自身はバスケに関心はなく、デカさと速さがあるやつが勝つ競技だと

バスケを否定しているようです。

でも本当にそうなのかな・・・・?

 

・得意技

破壊の鉄槌(トールハンマー)

紫原の必殺技で、ボールを両手で持ち、体を思いっきり回転させながら、

ダンクをします。この技を使う際には、なんと竜巻のようなエフィクトが描かれます(゚∀゚)。

これで3人とも吹き飛ばしたこともあります。

 

・赤司征十郎

 

キセキの世代のキャプテンであり、ネタバレになりますが、本作のラスボス

キャプテンでありながら、身長は173cmしかなく、非常に小柄です。

しかし、ダンクを決めることが出来るなど、バスケの技量は天才的です。

普段は礼儀正しく、温厚な人物ですが、勝負となると非情な面を見せます。

勝利に関しては貪欲を超えて「勝利とは生きる上であって当然の基礎代謝」

と考えており、勝利至上主義な人物です。

バスケだけでなく、勉学も優秀で、成績は学年トップクラス。

 

また他者の才能を見出すことにも優れており、主人公黒子テツヤがシックスマンと

して活躍するきっかけを作った人物でもあります。

 

中学時代からバスケ強豪校のキャプテンを途中から任されるようになり、

周りから勝利の期待の大きくなっていきました。

さらに家庭環境も厳格で、親から学業の成績を維持する他にも、バスケで負けることは

許さないと言われてしまいます。

絶対に負けられないプレッシャーに押しつぶされそうになっていくのでした。

この時から自分が2人いる感じになっていったとか・・・

そして、他のキセキの世代が才能に目覚めていく中、同期である紫原に宣戦布告され、敗北しそうになった

途端に・・・・

 

・得意技

天帝の眼(エンペラーアイ)

相手の呼吸、心拍数、重心の位置、筋肉の収縮などを全て見抜き、

相手の動きを完全に先読みすることが可能です。

ようするに相手の完全な未来が見えます。(何それテニヌ?)

ディフェンスでは相手の呼び差動作からボールをカットしたり。

オフェンスでは相手の足の重心から、切り替えして本来偶発的にしか

起こらない「アンクルブレイク」(オフェンスのさいに切り返しで相手を転ばす技)を容易く引き起こすことが出来ます。

これは1対1ではかなりのアドバンテージがあります。

彼の能力はかなり超能力じみておりますね(苦笑)

 

さて黒バスのキャラの紹介は以上になります。

僕がこの漫画が面白いと思った理由は素直に

キャラの個性が分かりやすいという点です。

赤髪のキャラはオールラウンダー+超能力じみた技

青髪のキャラはスピードキャラなど

色でキャラの個性が分かるなど本当に分かりやすい。

 

自分はそういったキャラクターの個性が分かると

作品自体にもハマっていきますかね。

皆さんも興味がありましたら、是非読んでみて下さい。