人々の個性について思うことがある。

人は皆違って当然だ、その違いについて思うところがある。

 

頭がいい、運動神経がいい、絵がうまい、音楽の才能がある。

なんでもいい、人によって生まれたときから出来る、出来ないってのは

存在すると思う。

なんでかって?

 

俺が出来ないことが多いからだよ!

(苦笑)

何をするのにも鈍くさくて、要領が悪い自分。

自分はそれを遺伝や親のせいにしていた。

全くどうしようもない人間だったね。

 

全て何かを回りのせいにしている。

外部のせいにしている。それでは何も変わらない。

当たり前だけど(苦笑)

 

自分の身に起きること全てが自己責任。

 

自分が良く言い聞かせている言葉です。

けどね実践出来ているかといったら出来ていないかも。

いや出来ていないね。

そう思いながらも、自分に何か都合が悪いことが起きれば、いつも何かのせいにしていたね。

そうすれば楽だもの、人のせいにするんだもの、そうすれば楽だもの。

 

でもねそういったことを続けていくうちに、心が空虚になっていくのが分かるんだ。

誰かのせいにするっていうのは、自分の人生を誰かに捧げているのと同じことだと思う。

自分が何かに操られているとの同じである。

 

自分のせいじゃない、誰かのせいにしたいっていうのは結局、

自分に自信がないからだと思うの。

 

結構意見としてはありきたりかな?

 

う~ん俺に文章力がないからだろうけど、

自分に人生の主導権を握らせようよって話し、常に自分自信が

人生をコントロールしようって話かな。

 

もう少し抽象度を下げると

 

何かものを買う、飯を食う、何かを選択するという行為。

これって常に自分自信が選択していると思う?

結構選ばされていることが多いかなって思う。

 

世の中金がこの世を支配しているといっても過言ではない、

この世は商品を売る宣伝で溢れかえっている。

何か新しいものが宣伝されてる!ああ!!欲しい!!って感じでものを買う。

でもこれって自分でものを買っているというんだろうか?

 

いや、私たちは選択させられている

物を買っているのではなくて、買わされている。

私たちはメディアの罠にハマっているのだ!!

 

といってもこれもありきたりか(苦笑)

ごめん、あまりうまい言い方が出来ないな。

 

物を買うにしても、本当に自分たちはものを買う時に、

自分の意志で買ってる人はどれくらいいるのだろうか?

 

なんか少し哲学的な話になってきたね。

まあものを買うのは欲しいから買うってのが普通だけど

割りと外部の影響を受けてる気がするんだ。

 

こんなものが欲しい、あれが欲しいとか思ってものかうけど

 

本当に自分の意志で買っているのか!?

といいたくなる。

 

別にもの買うのは否定はしないけど、買う時の判断基準はちょっと考えた方がいいと思う。

例えば、ちょっと話は古いけど、みんなに自慢したいからブランドものを買うとか、

いいクルマ買うとか、最新の機種買うとか、ギャンブルに快楽目的で金使うとかetc・・・・

 

周りの目、自分の短絡的な欲求のためじゃなくて

買うなら買うで本当に価値があると思っているもの買う。

 

僕が買い物刷る際に大事にしているのは、やっぱり金払ってよかったなあっていう気分になること

自分の場合だとPCとかTVとかはこだわっている。

別に実用性だけじゃなくても、ソニーがいいとか東芝がいいとか(笑)

結局ブランドも気にしている(笑)

高いものだと尚更慎重に考えなきゃいけないしね。

 

ああ、もう!!買い物の話になってしまった(苦笑)

 

とにかく今回僕がいいたかったのは、

ちゃんと自分の判断基準を持とうねって話。

自分が選択するのだから、当たり前だけど。

 

他人言われたから、など自分の意見を持たずに選択するのは

やっぱり主体性が無いと思う。

それだと相手に自分のことをコントロールされてるのと同じだ。

 

自分の人生は自分でコントロールしていこう。