今回はサイコパスの世界観についてお話していきたいと思います。

サイコパスの舞台はテクノロジーがとても発展した世界。

よくあるサイバーパンクな世界なんですが、これがまた面白い。

何が面白いのか具体的に教えします。

 

シビュラシステム

 

世界を支配している人工知能。

巨大なサーバーをイメージしていただくと分かりやすいかもしれませんね。

 

サイマティックスキャンで人間の生体力場を解析し、人間の心理状態や職業適性や深層心理を

数値化出来るようになり、本来見ることの出来なかった心の状態を視覚できるようになり、

 

その人にあった職業、メンタルケアを提示することが可能になった。

もちろん、職業だけでなく、趣味嗜好も考慮し、結婚相手や娯楽なども提供してくれる。

生活福祉支援システム。

人生ナビ

といったところでしょうか?

 

職業提案により失業者は減り、犯罪者や犯罪者予備軍はスキャンによって発見し、治安自体も安泰になる。

これによって治安も改善。

人々が生活する上で欠かせないシステムになっていきました。

しかし・・・このシステムにはとんでもない秘密が隠されていました。

 

犯罪係数

 

上で紹介したシビュラシステムというAIによって数値化された、犯罪者になる可能性を数値として表した物。

高ければ高くなるほど、犯罪者になる可能性が高くなり、一定の基準を超えれば、「潜在犯」として厳重注意対象になります。

ちなみに何処で数値が計測されるかというと、街中の街頭スキャナや下記で紹介する「ドミネーター」というものになります。

 

ドミネーター

 

めちゃくちゃメカニックで、カッコイイこの銃ですよね~

まるでロボットが使ってるみたい。

この銃は一体なんなんでしょうか?

これは公安(サイコパスの世界の中の警察)の人たちが使う銃になります。

この世界では銃は使うことが出来ないので、専用の銃を使います。

これによって犯罪係数が悪化した人々を裁きます。

これは数値によって裁かれ方が違います。

 

 

・犯罪係数100~299以下

執行モードパラライザー発動!!

 

 

 

paralyze=麻痺させるという意味があるので、

相手を痺れさせ行動不能にさせます。

 

 

・犯罪係数300以上にたいして

執行モードエリミネーター発動!!

ドミネーターも変形(゚∀゚)

 

 

eliminator=除去する、排除する

といった意味があるので、これで撃たれた人は木っ端微塵になります(*_*)

怖いですね~~てか想像しただけでゾッとする。

撃たれたらどうなるか画像を載せたいですが、

グロいので辞めておきます・・・・・

 

 

巨大な動く物体に対して

執行モードデストロイ発動!!

 

 

巨大なデカブツに対しても風穴を開けるほど、ヤバイ代物。

 

 

このように↓

 

 

紹介は以上になります。

今回も自分が好きなことを書いて記事を投稿いたしました(゚∀゚)

自分の興味があることは書いているだけでも面白いです。

前回投稿した記事も更新しました。

アニメ サイコパスについて その2

 

ここまで読んでくれたならありがとうございます。

では。