皆さんはハンターハンターという漫画をご存知でしょうか?

※画像はリンク貼られてます。

 

漫画家 冨樫義博さんが書いた作品で、

発行部数6500万部

単行本各巻の売上は100万部以上超えている大ヒット作になります。

そんな大人気漫画ハンターハンターですが、個人的に1番面白いと思える要素それが

念能力です。

念能力それは、各キャラクターが闘う時に使われるオーラの力?

のようなもので

自分の肉体を強化したり、飛び道具として使ったり、相手の能力を盗んだり、

そして設定として更に面白いのが、[念能力には自分の得意な系統]というものがあり、

 その得意な能力をあげていかないと中々能力が伸びづらくなる。

その系統とは6種類あります

 

 

 

画像のとうり6種類あり、漫画内のキャラクターは自分の得意な

系統を持っています。

強化系が伸びやすい念能力だったり、変化系だったり

しかし、自分とは苦手な系統の能力はかなり伸びなかったりします。

 

例えばこのクラピカというキャラの場合の具現化系の能力者なのでは自分の系統と離れている放出系の

力はかなり伸びづらかったりします。

自身の苦手なことではどれだけ努力したところであまり伸びない・・・・・・

自分の特性をしっかりと把握することが重要なのだと思います。

これは人生においても大事だといえますね。

自分の得意、不得意を把握する。

自分自信を理解するということ、本当にこれが大事。

自分と向き合うことの大事さを知りましたね。

 

こんなこと言っている自分も今まで、自分と向き合っては来ませんでした。

自分はこれ向いてないのでは?という仕事を続けていた時期がありましたね。

結局その仕事は1年足らずで辞めてしまいましたが。

まあ、私の仕事の話はまた次の記事で書いていきたいと思います。